ALT(GPT)とは

血液検査の項目にあるALTとは何なのか、何がこの数値で分かるのかをご紹介します。
一般的な正常値の範囲や検査をするときの注意点も併せてご紹介しますので参考にしてください。

 

ALTは、アラニンアミノトランスフェラーゼの略で、以前はGPTとも呼ばれていました。
ALT、またはGPTは、主に肝臓の中にある肝細胞で働いている酵素の一種です。
同じく肝機能の検査項目にあるASTは、肝細胞や骨格筋、心筋などの体内の組織に分布していますが、ALTは、主に肝細胞に多く含まれています。
ALTは、身体の中に取り込まれた栄養素をアミノ酸に変換して、身体を動かすために必要なエネルギーを産生しています。
肝臓が正常な働きをしていれば、ALTも正常に活動することができ、エネルギー代謝を続けることが出来るのですが、何かしらの障がいが起こり、肝細胞に損傷が起こるとALTが血液の中に流れ出します。
ALTの血液中の濃度の高さで、肝細胞の異常の有無を調べることが出来るのです。

ASTの一般的な正常値・基準値の範囲、検査するときの注意点

人間ドックや健康診断で行われる血液検査を受けることで、ALTがどの程度血液の中に流れ出しているのかを数値で見ることが出来ます。
本来であれば、臓器の中に留まりエネルギー代謝の働きを行っているALTですが、肝細胞に何かしらのトラブルが生じてしまうと血液中に流れ出すので血液検査で確認できます。
流れ出す量は、数値にしっかりと現れるので、肝細胞がどの程度のダメージを受けているのかを判断する指標になります。
ALTの数値が高いほど、肝細胞へのダメージが高いと判断されます。
正常値・基準値とされているのは、30IU/L以下です。
30IU/L以下であれば、問題ありませんが、これを上回った場合には要注意です。
50IU/L以上になれば、脂肪肝などの何かしらの肝細胞への障がいが起こっている可能性が高いです。
100IU/L以上になると、肝硬変やウイルス性肝炎の疑いが出てきます。
ALTとASTはセットで見られる数値なのですが、ALTは低く、ASTだけが高い場合には、肝臓以外の臓器に異常がある可能性が高くなります。
ALTは、激しい運動をすると一時的に数値が高くなるので、検査前には激しい運動はしないで、安静に過ごすようにしましょう。
ALTの数値を調べることで、肝臓の健康状態を数値として把握することが出来ます。
普段からお酒が好きな方や疲れが気になっている方は、早めに検査をしてみましょう。

ALT(GPT)が低いと疑われる病気

ALT、またはGPTに関連する病気をご紹介します。
肝細胞内にあるALT(GPT)は、過度のアルコールやウイルスなどの影響で肝細胞にダメージが加わり数値が高くなります。手遅れになる前に早めに対処することが大切です。
ALTの基準値は30IU/L以下なので、30IU/Lを下回れば安心ですが、30IU/L以上になれば注意が必要です。
50IU/L以上になれば、脂肪肝などの疑いがでてきます。
脂肪肝には、お酒の飲みすぎが原因となるアルコール性脂肪肝と、糖尿病や肥満、薬などが原因になっている非アルコール性脂肪肝に分けられています。
肝臓では脂肪酸から中性脂肪を生成し、肝細胞の中に溜めています。
エネルギー源として必要な時に使われているのですが、放出されるエネルギー以上に作られる中性脂肪が多くなれば、肝細胞の中に必要以上の脂肪が蓄積されていきます。
全肝細胞の30%以上が脂肪化した状態のことを脂肪肝と呼んでいます。
メタボリックシンドロームとの関係も指摘されています。
脂肪肝の症状はほとんどないために、自覚することのできないものですが、大量の脂肪で肝臓の働きが低下しているということですから、早めの対処が必要です。
脂肪肝から肝炎、肝硬変、そして肝がんへと進行することもあります。
100IU/L以上になれば、ウイルス性肝炎や肝硬変の疑いが出てきます。
ウイルス性肝炎の場合には、ウイルスの種類によりA型、B型、C型などがあり病気の経過から急性肝炎と慢性肝炎に分けられます。
肝硬変は、アルコールの飲みすぎなどが繰り返されて、肝細胞の破壊と再生が繰り返されることで肝臓が線維化することで起こります。
硬くなった組織は本来の機能をしっかりと果たすことが出来なくなるのですが、この状態を肝硬変と言います。
肝硬変は元には戻らず、あらゆる慢性肝疾患の終末の症状です。

ALT(GPT)の数値を改善する(下げる)方法

肝硬変にまでなると、自分の努力では元の健康な状態には戻れなくなります。
ALTの数値が高ければ、すぐにでもお酒や食生活を見直すことが必要です。
ALTの数値が高い人は、普段から自分でもお酒の飲みすぎや食べすぎが気になっているはずです。
手遅れになると怖いのが肝臓の病気です。
和食中心のバランスの良い食事が理想的で、肝臓機能を高める働きが期待できるタウリンのサプリメントなどを利用するのも良いでしょう。
ALTの数値が高い人はそのまま放置していてはいけません。
今の食生活に問題があるというサインですから、医師のアドバイスも参考にして見直していきましょう。